オススメの株価銘柄

お金を少しでも多く欲しいから、ローリスクハイリターンで稼ぎたいと思っている方も数多くいると思います。さすがに知識がない状態で株を買っても大損するだけなので、このサイトでご紹介するオススメの銘柄をぜひご参考に購入してみてください。

配当利回りが高い株価銘柄

配当利回りという言葉を聞いたことがあるでしょう。これは購入した株価から、年間を通してどれだけの配当を受け取ることができるのかを表す数値になります。計算式に表すと、配当利回り(%)=1株当たりの1年間配当金額/1株当たりの購入金額×100です。分子にある配当金額が同等のものなら購入金額が低い時には、利回りはあがりますし、購入金額が高いときには利回りはさがることになります。実際に配当利回りが高い株価銘柄のものがあるとします。そんな貴重な銘柄を多くの方が見逃すことはないでしょう。そこから考えると、株価はしだいに回復の兆しに向かうことになります。また会社の業績というものが大きく関わってきますので仮に不調となると、配当金額に影響をもたらすことになります。配当金額はさがり全体的な配当利回りもさがってくるはずです。そのようなことのないように、つね日頃から会社の業績には十分な注意や管理が必要になります。基本的に株価の変動に注目する必要がありますが、より正確に把握するためには罫線表を作成することがポイントになります。その代表的なものにはローソク足や一目均衡表などがあげられます。その他に注目して頂きたいのが株価指数です。国内では東証株価指数や日経平均株価などが知られています。今の時代、ネット情報には高配当な利回り銘柄のランキングなどもでており、とても参考になります。そこから多くの銘柄を見つけることができるでしょう。とくにおすすめなのはAT&Tやフィリップ モリス インターナショナルなどの銘柄です。これらは配当利回りが5%前後と比較的に高い数値になっています。株価に注目するなら、高いものではシェプロンなどがあります。海外では株主への還元としての考え方が浸透しており、結果として高配当な銘柄を見つけることもできるでしょう。

世界の株価指数と為替

世界の株価はここ2~3年の間に大きく上昇しました。それに伴い、日本円が対外貨で大幅安となっています。その主な理由として挙げられるのは、日本の政策転換と中国経済の好調です。まず日本の政策転換です。これは長年続いたデフレ脱却を解消するために、政府および日銀が物価誘導目標を2%に引き上げると宣言してから始まりました。特に日銀が積極的な金融緩和を行ったことで、一時は対ドルで75円まで通貨高が進んでいた円が120円前後まで通貨安となり、輸出を中心とした企業の株価が相次いで上昇しました。経常利益も過去最高益を計上する企業も増え、現在までにあらゆる業種の株価が好調に推移しています。次に中国経済の好調です。資本主義経済を積極的に導入し始めた中国は、対米および対日貿易で急成長しています。経済が好調となった結果、中国企業も株価が軒並み上昇したことで、世界の株式市場もその影響を大きく受けて上昇が続いています。最近では中国国内の中間層~富裕層の数が増え、日本に来る中国人観光客も急増しています。「バク買い」と呼ばれる中国人の旺盛な消費によって、日本企業も大きな恩恵を受けていることは記憶に新しいところです。日本に関していえば、企業が大きな恩恵を受けている一方で、一般の国民はマイナスの影響を受けています。東日本大震災以降、国内では原子力発電所がすべてストップしたことで、各電力会社は火力発電等に頼らざるを得なくなりました。そのため円安によって以前より割高な原油等を輸入せざるを得ず、その結果電気料金が上昇し、家計を圧迫しています。さらに、外国人投資家を呼び込むために早期の財政赤字解消を宣言したことで消費税の増税が行われ、一層の家計圧迫を引き起こしています。

株価が企業を左右する

デフレ脱却を目標に政府や日銀が様々な政策を講じて以降、日本企業の株価は軒並み上昇を続けています。これは、各企業への期待が大きいことを意味しています。つまり、株価は企業の今後を左右すると言っても過言ではありません。その理由としてはまず、株価は企業の将来性を占うバロメーターと言えるからです。一般的に投資家は、株の売却益であるキャピタル・ゲインを得るために様々な企業の株式を比較検討しています。今後、獲得する利益が大きいと期待されれば株価は上がるので、有望な購入銘柄として自身のポートフォリオに組み入れるはずです。さらに利益が増加すれば、配当金などのインカム・ゲインも見込めますので、より多くの投資家が集まります。その結果、より多くの資金を企業は集めることが可能となり、運転資金を増加させることが出来ます。そうなれば、借入金の返済を早期に処理したり、更なる投資に資金を投入することが可能となります。結果、より企業規模を大きくすることが可能となるのです。また最近は、役員はもちろん社員が自社の株式を保有する、ストック・オプション制度を導入している企業も増えています。自社の株価が上がれば、その分自分の収入が増えることになり、業務に対する意欲がより増加することになります。そのため、より企業の業績が良くなり、同社株式が上昇することで株式市場も活況を呈することになります。さらに、私達が将来受け取る年金や、いざという時の保険料等の大半は、株式市場で運営されています。運用会社は株式相場が上昇すれば、その分運用益を積み立てることが出来ます。現在、年金を含めた社会保障費を補てんするために増税等が行われていますが、良好な株式相場が長く続けば続くほど、こうした措置をせずに済む可能性も出てきます。

■おすすめ株価予想情報
株価予想NAVI
■初心者は要注意の仕手株について
仕手株に手を出すなら!
■投資は引き際も肝心
投資信託を解約するメリット・デメリット
■そもそも株価が変動する仕組みってご存知ですか?
カブダス -株初心者のための株入門サイト-